社葬とは

企業の代表を始め、企業の重役が亡くなった際などに、世にその事を伝える、一種の広報活動の一環として行われる葬儀のスタイルが、社葬です。
会社が執りおこなう葬儀として知られ、企業における重役、企業における重要人物に対し、会社側が故人を供養する場を設けるスタイルとして知られています。
ビジネススーツを着た男性が考えている様子
企業の重役のみならず、創業者や、業務中に亡くなった社員の方に対して、社葬が行われる事も少なくありません。
故人への哀悼の意志を伝えると共に、企業内外を問わずに大規模な葬儀を執りおこなうことで、社内外を問わずに、より強く結束力を高めていく、今後のお願いをする場としても活用されています。
社葬の成功が今後の企業の行く末を決めると言っても過言では無く、正に、社会的評価を決める指針となると言っても、過言ではありません。

社葬でのマナー

社葬での最低限守らなければならないマナーは、通常の葬儀と変わりありません。
ですが異なるのは、社葬でのミスは、企業全体の信用に関わる、企業の信用を失墜させる恐れが有るということです。

社葬には社内外を問わずに多くの人が訪れ、故人に哀悼の意を述べる場として知られています。
その為、社葬でのミスは企業の程度を知られると言っても過言では無く、反対に社葬をきちんと執りおこなえば、今後のお付き合いも安心出来るといえるでしょう。

社葬の前には必ず社内で、受付でのマナー、基本の言葉遣いや対応、葬儀に関するルールなどを徹底してレクチャーし、共有することが重要です。
どんな方がいらっしゃるのか、事前に名簿を確認させるなども、徹底して行うべきでしょう。

社葬での心構え

社葬では、社内外を問わず、多くの方が訪れます。
社葬でのミスは企業の信用を落とす致命的ミスに繋がる可能性が高いため、受付などの責任がある仕事は、信頼できる社員に一任するように心がけましょう。

また、故人の遺族も当然列席をされますので、失礼が無いように、最大限の配慮をする事が大切です。
お手伝い出来ることがあれば率先して行い、事前に連絡するべきことは、全てこまめに連絡、確認の上で決定するようにしましょう。
ちょっとしたミスが不信感に繋がり、傷心の遺族を傷つけてしまう恐れがありますので、1にも2にも、様々な場面で配慮をすることが重要です。
気配り不足は巡り巡って会社の信用問題へと繋がる可能性が高いため、事前準備はもちろん、当日も視野を広げて、色々な事をチェックしておきます。
【社葬に関して参考にした記事】
社葬の知識|基礎から応用まで/信頼と実績【公益社の社葬】